熱中症にご注意!!

- - - いくら

最近は猛暑と理由をつけて、ブログ怠慢で私です。

ごめんなさいm(_ _)m

 

梅雨頃からなんとも過ごしにくい日々が続いてますね。

数週間前からは気温も高く、猛暑日、猛暑日、猛暑日継続中・・・

ということで今回は熱中症のお話です。

 

熱中症とは・・高温多湿の環境における高体温、脱水による全身症状とされています。

       つまり最近のような蒸し暑い環境で、高体温になる救急疾患

犬や猫はヒトのように汗をかきません。主にパンティングなどの呼吸によって体温を調節しています。さらに毛もありますからヒト以上に夏は暑いはず

 

そんな熱中症はどんな症状になるのでしょう?

  まずはハァハァとパンティングが止まらないよだれ元気消失など

  次に運動失調下痢嘔吐

  そして、虚脱振せん痙攣意識障害などがみられます。

カラダは体温が41℃以上になると細胞にダメージが加えられます。つまり、脳なら脳障害、腎臓なら腎不全などが起きてきます。体温が41℃以上になるということは命に関わるということなのです!!!!危険!

 

 

では予防や自宅でできることはないのでしょうか?

屋外の場合は風通しの良い場所で飼育し、「よしず」や屋根などを直射日光を避ける等の対策が必要です。
屋内ではエアコンを使い、27〜28度前後、湿度50〜60パーセント位に保つと良いでしょう。また、保冷剤を身に着けて散歩をするなど対処しているワンちゃんもいます。

 

この夏はヒトが過ごしにくい環境は犬・猫も一層過ごしにくい環境なのではないでしょうか!?

参考にしてください。

 

 

 

無料ブログ作成サービス JUGEM